老後のための不動産投資信託|老後にお金の心配をすることがなくなる

模型

3つのポイント

アパート

マンションを購入して資産運用をする人は多くなっています。これからマンション投資を検討している人のために、失敗しないマンションの選び方を説明します。マンション投資を成功させるためには、3つのポイントがあるので覚えておきましょう。

Read More

勉強のためにセミナー参加

講義

日本人は自分の資産を運用している人が少ないのが現状です。しかし、自分で稼いだお金を運用することは悪いことではありません。ですから、しっかり運用しましょう。これから資産運用をはじめる人は、不動産投資セミナーに参加しましょう。

Read More

海外出張の期間中だけ

インテリア

海外出張の間はマイホームを他人に貸すことで家賃収入を得ることをリロケーションといいます。出張中の期間だけを他人に貸して、出張が終わるとマイホームで生活することができます。また、契約会社が管理してくれるため劣化する心配もありません。

Read More

自分の将来のために

笑顔の女性

自分が生活をするためじゃなく、資産運用のために不動産を購入する人も多くいます。現在は少子高齢化になっていて、将来はもっと子どもが減って高齢者が多くなっているでしょう。そのため、年金に期待することはできません。若いうちから老後に向けて貯金をしておくか、毎月お金が入ってくる仕組みを作るしかありません。毎月お金が入ってくる仕組みを作るには、不動産投信信託が一番です。

日本は現在景気が回復傾向にありますが、民間企業や中小企業はまだまだ苦しい時代です。そのため、今働いている会社の退職金も期待はできませんし、年金制度が崩壊したと言われているため、自分の将来は自分で守らなくてはいけません。そのために不動産投資信託をはじめましょう。

これは定年後にはじめるのではなく、できるだけ早くはじめたほうが良いでしょう。そうすることで、働けなくなったとしても一定の収入を確保することができるはずです。それに不動産投資信託のメリットは株やFXのようなリスクが少ないことです。株やFXはハイリスク・ハイリターンなので経済状況によっては、損することも考えられます。ですが、不動産投資信託は不動産選びを失敗しなければ、後は何もしなくても毎月通帳にお金が増えていきます。そのため、将来を不安に感じている方に最適なのです。将来は何が起こるのか誰にもわかりません。そのため、今のうちからしっかりと対策をすることで、安全で安心して暮らすことができるようになります。