老後のための不動産投資信託|老後にお金の心配をすることがなくなる

お家

海外出張の期間中だけ

インテリア

念願のマイホームを建てて家族と仲良く新生活がスタートした人も、仕事の都合で海外に数年間出張することになる可能性もあるでしょう。せっかく建てたマイホームを数年間誰も住まない期間を作ってしまうと、住宅は劣化してしまいます。そんなときにはリロケーションをすると良いでしょう。リロケーションとは、海外に出張に行っている期間だけ、他人にマイホームを賃貸することです。一定の期間だけ他人がマイホームに住む変わりに自分の手元には毎月家賃収入が入ってきます。それに、契約会社がマイホームの点検や管理を行なうために出張から帰ってきても劣化してないでしょう。

リロケーションは、入居者と直接契約するわけではなく、契約会社を通して賃貸契約を交わします。そのため、入居者とのトラブルは全て契約会社が対処してくれますので、トラブルに頭を悩ませる必要もありません。専門知識を持っている熟練のスタッフがトラブル発生した場合は丁寧に対応します。そのため、安心して海外出張することができるでしょう。

さらに海外出張が終わり日本に戻ってくると、自分のマイホームで暮らすことも可能です。出張や転勤と共にマイホームを売却することもなく、一定期間が過ぎればまた元の生活に戻ることができるのです。リロケーションでは海外出張の間は家賃収入があるので、その分を住宅ローンの返済に充てることもできます。住宅ローンも返済することができて、留守の期間中住宅を管理してくれるサービスなので注目を集めています。